心地よい日々を過ごせますように!risukoのブログ

目元のハリを取り戻す!40代におすすめアイクリーム3選

見た目をキレイに!

【スポンサーリンク】


こんにちは、risukoです。

コスメ好きの40代後半主婦です。美容記事を書く仕事などをしています。

最近感じたことがあります。

見た目年齢が若い人の共通点は、目元の印象が若々しいことです。

人と話すときは目を見ますよね。

目に強い力があってキラキラしている人には引きつけられるものです。

そのときはちょっとしたクマがあるとか、小じわができているとかはあまり気になりませんよね。

でも、目が疲れて落ちくぼんでいるとか、ハリがなくたるんでいるというのはさすがに目につきます。

やはり顔の印象を決定づける目元は、年齢相応に保っておかないと老けて見えるということだと思います。

細かいトラブルよりも、まずはたるみを防いでハリを保つケアに集中すべきです。

今回は目元のハリ不足が気になり始める40代におすすめのアイクリームを紹介しますね。

risukorisuko
本当はアイケアは20代から始めるべき。目を酷使する生活をしているならば、
目元のケアアイテムに集中的に投資しましょう。






目元の老化は20代から始まる!


目の周りの皮膚は顔のなかでも特に薄い部分です。

まばたきや目をこするなど日常の何気ない動作でも目元の皮膚に大きな負担を与えているといいます。

さらにPCやスマホの長時間操作によって目を酷使。

現代の若い人は昔の人以上に目に負担をかけていますよね。

ここで、たるみについてみてみましょう。

たるみは重力で顔の形状が下垂した状態である。

顔では頬の各部、目の下等でたるみが起きる。

たるみは20代で既に始まり、加齢とともに増加する。

引用:『顔の老化のメカニズム~たるみとシワの仕組みを解明する~』江連智暢著

なんと、たるみは20代から始まるといいます。

目の周りのたるみといえば目の下あたりが目立つ部分ではありますが、上まぶたのあたりも気になるところです。

ハリがなくなるとまぶたが下がってくるので目が小さくなる、垂れ目になってくるなどのトラブルに悩まされますよね。

骨格や肌質、生活習慣など、たるみ具合は個人差があり、この差が開いてくるのが40代以降です。

早くからケアをしていた人と無頓着で過ごしていた人との違いもはっきり分かれてくると思います。

【関連記事】
「顔のたるみ」は自分が思っている以上に進行している!?今すぐ始めるたるみケア
老け顔改善にはシャープネス!輪郭をはっきりさせてマイナス5歳にしよう

リンクルショット

目元のハリのなさが見た目年齢を一気に引き上げる!?

目元
細かいシミやシワよりも、顔全体のたるみ、そして目のまわりのハリのなさが見た目年齢を一気に引きあげてしまうものだと思います。

皮膚が薄くデリケートな部分だからこそ外部からの刺激に弱く、ダメージを受けやすいのです。

目のまわりのエイジングケアは40代にとっては最重要課題だといえますね。

【関連記事】見た目年齢を引き下げたい!実年齢-7歳のための11の方法

目元ケアは20代から始めるべき!


スキンケアとしてすぐに取り入れられる目元のお手入れはとにかく刺激を与えないようにやさしく触れることです。

アイメイクを落とす際には刺激の少ないクレンジングやアイメイクリムーバーを用いて、やさしく、でもでいねいにしっかりと汚れを落としましょう。⇒【おすすめ商品】アテニア スキンクリア クレンズ オイル

日常的に目をこする癖がある人は注意して、目のまわり強くこすらないようにします。

疲れ目は血行不良を招くので要注意です。

PC、スマホの長時間作業にはときどき休憩を入れましょう。

ホットマスクなどはおすすめですよ。

ゆったり入浴するのも効果的です。

created by Rinker
めぐりズム
¥952 (2020/11/24 18:08:04時点 Amazon調べ-詳細)

さらに目元専用の美容液、アイクリームを毎日つけるようにして、乾燥、ハリ不足などの対策をしましょう。

アイクリームは20代からしっかり使うことをおすすめします。

私の周りでも早くからケアをしていた40代は、年齢相応以上に目元にハリがあり、シワが少ない人が多いですよ。

目元にハリを出すためのおすすめ美容液3選

ポーラ B.A ザ アイクリーム

B.Aアイクリーム
⇒【商品の詳細】【POLA B.A ザ アイクリーム】

『ポーラ』の最高峰エイジングケアブランド「B.A」シリーズから発売されているアイクリームです。

数々のコスメ賞を受賞しているロングセラー商品。

高価な商品ではありますが、高級感あるパッケージ、ラグジュアリーな使用感、効果を実感できるという口コミが多数寄せられていることから試す価値ありと思われます。

この「B.A アイゾーンクリームは」目もとの構造の特徴に着目し、今までにないアプローチでポーラ最先端の理論と保湿成分、処方化技術を搭載し、うるおいによるハリ感で立体的な目もとを目指すとのことです。

私は一度購入したことがありますが、こっくりした質感ですが、ベタつきはなく、しっかりとハリ感を与えてくれます。

目のハリ不足、疲れがたまりくぼんでしまった印象をなんとかしたいという思いで、2ヵ月ほど使用してみました。

かなり満足のいく効果を感じましたよ。

その後は調子がよくなったので、後で紹介する自分の定番ブランドのアイクリームに替えましたが。

継続して使用することが理想ですが、難しい場合には、ここぞというとき期間限定で投入してみるのもいいかもしれません。

『ポーラ』のアイテムを規定金額以上注文するとサンプルがもらえることがあるので利用してみましょう。
⇒ポーラ公式通販

ポーラリンクルショット
日本初承認のシワを改善する薬用化粧品。

2017年の発売以降、約86万人もの購入者を誇る『ポーラ』の「リンクルショット」も目元のケアにおすすめです。
⇒【POLA】リンクルショット

アテニア アイ エクストラ セラム

アテニア
⇒【商品の詳細】【アイ エクストラ セラム セット】

こちらは私が愛用している通販コスメ『アテニア』のアイクリームです。

『アテニア』の魅力は”一流ブランドの品質を1/3の価格で提供する”という宣言にあります。

高機能なのに低価格というコスパコスメなのです。

3,000円のアイクリームってなかなかありませんよね。

この「アイ エクストラ セラム」は2018年秋にリニューアルされました。

『アテニア』は皮膚構造を研究するなかで目もとの特徴として皮膚の薄さまばたきによる活動量の多さに加えて毛細血管がより多く存在していることに着目。

この毛細血管は加齢により血液が末端にまで届かない状態になるというのです。

すると目もとの血流が低下しクマ、くすみを引き起こします。さらに肌細胞へ酸素や栄養素が届かず肌の再生がしにくい状態に。

その結果、たるみやゆるみなど目もとの印象がぼんやりとしてしまう複合的なエイジング現象が現れてくるのです。

『アテニア』は目もとの皮膚の毛細血管が血液を末端にまで行き届かせることができなくなり、複合的なエイジング現象を起こすことを「目もとのゴースト地帯化」と表現しています。

そして、この「目もとのゴースト地帯化」にアプローチする独自開発成分「エネリブートGY」を配合したのが、リニューアルした「アイ エクストラセラム」なのです。

エネリブートGYとは、毛細血管関連成分である米胚芽油細胞エネルギー成分である酵母ペプチドを配合した『アテニア』独自の成分。

従来配合されていた成分に加えて、目もとのエイジングを食い止めることに期待がもてる新成分が配合されたということなのです。

乾燥による小じわ対策とハリ、弾力をアップさせる効果が期待できるというのですね。

レビュー記事を書いていますので参考にしてください。
【関連記事】『アテニア』の「アイエクストラセラム」がリニューアルしてパワーアップ!

⇒【商品の詳細】【アイ エクストラ セラム セット】

エリクシール シュペリエル エンリッチド リンクルクリーム


新効能「しわを改善する」を取得した医薬部外品のリンクルクリーム。

資生堂のリンクルクリームといえば純粋レチノールですよね。

ヒアルロン酸を生み出し、水分量を増やすことで柔軟な肌に導き、しわを改善する薬用有効成分です。

目元の小じわが気になる人に向いているアイクリームだと思います。

リンクルショット

目元のハリは日々の地道なケアで手に入れましょう

どんなに評判のいい、高価な化粧品でも魔法のようにすぐに悩みを改善してくれるわけではありませんよね。

本当に日々の積み重ねが大切です。

使い続けられるアイテムを選びコツコツ継続することで、5年後、10年後に大きな差が生まれます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

risuko

見た目をキレイに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です