心地よい日々を過ごせますように!risukoのブログ

髪を傷めない白髪対策!自宅でできる黒髪キープの秘訣とは?

見た目をキレイに! ,
女性のモノクロ写真

【スポンサーリンク】


こんにちは、risukoです。
香水や化粧品好きの40代後半主婦です。美容記事を書く仕事などをしています。

37歳で出産した後、急に白髪が増え始めました。白髪が出てくると一気に老けた印象になってしまいますよね。

美容院で白髪を隠すようにカラーリングを行うことにしたのですが、1、2ヵ月経つとまた白いものがキラキラし始めます。

白髪がチラチラ見え始める感じが嫌でまめに美容院に通うことにしたのですが、そのサイクルはどんどん短くなるばかり。

髪は傷む、お金もかかる、でもやめられないという最悪の状況に疲れてしまいました。

そして数年前からは美容院で白髪を染めるのをやめることにしました。完璧ではなくても自宅で、髪にやさしい白髪染めを行うことにしたのです。同時に白髪が増えないように気をつかうことにしました。

白髪の量は目立って減ってはいませんが、増えてもいません。そして髪の健康状態はずいぶん改善されました。髪質がよくなると若々しい印象になりますよね。これが40代の目指すところかなと満足しています。

今回は髪を傷めずに黒髪をキープする方法を紹介します。白髪の原因や改善方法は個人差がありますが、参考になる部分もあると思いますよ。

risukorisuko
年齢やライフスタイル、美意識まですべてわかってしまう女の髪。
40代以降はいちばん手をかけたいところよね!

【スポンサーリンク】





白髪の原因と対策

白髪のメカニムズをわかりやすく解釈すると?

私たちの髪は毛母細胞によって作り出されています。もともと黒髪をしているわけではなく、メラノサイト(色素細胞)の働きによりメラニン色素が受け渡されて黒髪がつくりだされます。

このことから白髪になる仕組みはメラノサイトがメラニン色素をうまく作り出せない場合と、毛母細胞がメラニン色素をうまく受け入れて髪を染めることができなかった場合があります。

私たちの日常生活でのさまざまな要因がメラニン色素をうまく作り出させない、またはメラニン色素をうまく受け入れ黒髪に染めることができないという状況を生んでいるのです。

白髪が増える原因トップ3と対策

白髪の原因はさまざまです。遺伝的要素もあるし、老化現象でもあります。個人差もあるので一概には言えませんが、多くの人は次の3つの要素が白髪を増やす原因になっていると思います。

私は経験上、ストレス、睡眠不足、栄養不足、それから血行不良(肩こりが激しい時期)、頭皮環境が悪い(ケアができない時期など)という状況が続くと白髪が増える気がします。

一つずつみていきましょう。

ストレス

処刑されることを宣告されたマリー・アントワネットが一夜にして白髪になったという話は有名ですよね。

私は30代半ばごろに、神経をすり減らすような仕事が入る時期に急に白髪が増えるという経験をしました。ストレスは自律神経のバランスを乱してしまいます。すると血行が悪くなり髪に栄養をおくることがことができなくなってしまうのです。

でも、ストレスフルな生活をおくっている人が急にストレスを回避することは難しいですよね。白髪のもっとも大きな原因と考えられるストレスですが、実は自分でコントロールすることがもっとも難しい要因だと思います。

なので、私はストレスは無理してコントロールしようとせずに、他の原因を克服することに意識を集中させることにしています。

無理にストレスを発散しようとせず、生活習慣を整えることに集中してみるのもいいかもしれません。

睡眠不足

睡眠不足は白髪だけではなく、美肌や健康の大敵です。“睡眠に勝る美容液はない”といいますよね。

眠っているあいだに分泌される成長ホルモンが髪を育てる幹となる細胞にも影響しているのです。

ゴールデンタイムと言われる22時から深夜2時にしっかり眠るというのは自然な睡眠サイクルを維持するためのコアタイムを外さないようにしましょうということだと思います。

暗くなったら眠る、明るくなったら起きるという自然のリズムに少しでも近づくような睡眠時間の設定が大切なのです。

同じ6時間睡眠を確保する場合、2時就寝、8時起床よりも11時就寝5時起床の方が身体にはいいです。

朝型にして体調がよくなり仕事にも集中できるようになったという人はいますよね。

私も夜型生活から朝型に変えてずいぶんと体調がよくなりました。

栄養不足

髪や爪は生命維持に直接関わらない末端組織です。このため栄養が十分でないと髪や爪にまでは行き渡りません。

白髪予防の食べ物についてはまとめきれないくらいの内容があります(今度じっくり記事にしたいと思っています)。

私が取り入れているものをいくつか紹介しますね。

■白髪によいといわれる食品のなかから好きなものを積極的に摂取する
嫌いなものを無理して摂るのは長続きしませんよね。豆腐、豆、ナッツ類、ゴマ、卵など。
■血行不良を促進する食品に気をつける
髪に栄養を運ぶ毛細血管の血のめぐりが悪くならないよに身体を冷やす食べ物は控えめにしています。夏野菜、南国フルーツ、カフェインなど。
■成長ホルモンに悪影響の食品添加物を避ける
完全にカットすることはできませんが、できるだけ摂らないようにしています。
■血液をドロドロにする食事を控える
塩分過多、糖質過多、高脂肪の食事は控えます。血液がドロドロになると血のめぐりが悪くなり白髪だけでなく、薄毛、抜け毛にも影響してしまいます。
■腹八分目
お腹をいっぱいにしないことで成長ホルモンが分泌されると言われています。

上述の3つが白髪の大きな原因だと思われますが、運動不足や姿勢などの問題から肩こりになり血行不良、または頭皮に皮脂が詰まる、逆に乾燥がひどいなど頭皮環境の悪化も白髪になりやすくなります。

お金も手間も無理なくかけて白髪対策をしたい!

白髪の原因だと考えられることに対策をして白髪を増やさないように心がけています。

それでも年齢とともに白髪は増えていきます。できてしまった白髪は自分で染めるようにしています。

髪を染めるときに大切にしていることは髪を傷めないことです。

美容院で毎月のように白髪を染めていた時期がありましたが、髪はボロボロでした。

完璧に染まることを追求するよりも髪を傷めないことを最優先に白髪染めを行うようにしています。

【スポンサーリンク】


自宅でできる白髪染めの種類

自宅で髪を傷めずに白髪染めをしようと思い立ちましたが、白髪染めにもいろいろな種類があります。

ヘアカラー

キューティクルを開き染料を髪の内部まで浸透させて白髪を染めます。髪、頭皮ともにダメージが大きいといわれています。肌の弱い方には合わないこともあるので事前のパッチテストが必要です。一度の使用で白髪が染まりシャンプーをしても色落ちせずに2ヵ月くらいはもちます。

ヘアマニキュア

主に髪の表面に染料を付着させて染める方法です。髪や頭皮へのダメージはほとんどないといわれています。シャンプーによって徐々に色落ちしていきます。一度で染まりますが、2、3週間ほどしかもちません。

カラートリートメント

トリートメント感覚で髪をケアしながら表面に色をつけていきます。髪にやさしいため何度でも使用できますが、一度ではきれいに染まらないことが多く、何度か繰り返す必要があります。1週間程度しかもたないことも多く頻繁に使用することが必要。

カラーシャンプー

カラーシャンプーはシャンプー自体が白髪染めになっています。髪を傷めることなく毎日でも使えるのが魅力ですが、カラートリートメントよりも染まり方は弱く、何度も使用しなければなりません。コストがかかりやすいという難点があります。

ヘナカラー

天然成分を使用しているため髪や頭皮へのダメージが少ないヘナ。一度の使用でしっかりと染まり、ヘアカラーと同じ程度色持ちするといわれています。準備から染め終わるまで長い場合には3~4時間かかるといわれているのが難点です。手間暇のかかる白髪染めですね。

髪を傷めない、染めやすい!おすすめはカラートリートメント

自宅で行う白髪染にもいろいろな種類があることがわかりました。

比較検討の結果、私はカラートリートメントを選びました。

理由は髪にやさしい、ほどほどの手間とコストで済むというところでしょうか。

私の周りでもカラートリートメントを使っている方はとても多いですよ。

口コミの評価の高いカラートリートメント

カラートリートメントをいろいろと調べてみましたが、評判のいい商品は次の4つです。

ポーラ グローイングショット カラートリートメント




ブラックとブラウンの2色展開。髪を補修する成分が配合されていてダメージを修復します。
■【商品の詳細】【ポーラ】グローイングショット カラートリートメント

マイナチュレ カラートリートメント


髪や頭皮をケアしながらも”染まりやすい”を重視したカラートリートメント。アットコスメの2018年コスメアワードにてヘアカラー第一位を獲得。評判のいいカラートリートメントです。

■【商品の詳細】マイナチュレ カラートリートメント

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー


トリートメント効果の高い商品。5色展開のカラーを混ぜ合わせて好みの色をつくることもできます。
■【商品の詳細】モンドセレクション受賞の白髪染め【レフィーネ】

バイタリズム クロ


頭皮と髪の専門家がプロデュースした髪にやさしく、自然な仕上がりのカラートリートメント。白髪染とは思えないスタイリッシュなパッケージも人気のひみつです。
■【商品の詳細】 VITALISM kulo

「レフィーネ」カラートリートメントの効果的な使い方

私は数年前から「レフィーネ ヘッドスパトリートメント」を使っています。「レフィーネ」のいい点はカラー展開が5色もあり、色を混ぜて好みの色味をつくり出せることです。

私はダークブラウンを使っていますが、ダークブラウンとライトブラウンを混ぜたり、マロンブラウンを混ぜたたりしたこともありました。今の髪の色にはダークブラウンがいちばん合っているようなのでダークブラウン一色を使っています。

レフィーネ
■【商品の詳細】モンドセレクション受賞の白髪染め【レフィーネ】

「レフィーネ ヘッドスパトリートメント」はトリートメント効果が高く、髪にツヤがでます。髪を傷めず、トリートメントをしながら白髪染めができるところが最大の魅力だと思います。

肝心の染まり具合ですが、最初はなかなかコツを掴めずうまく染めることができませんでした。今はだいぶ上手になりましたよ。

ポイントは週に2回以上使用する。
最初は連日使用すること。
分量は多めに使う。
乾いた髪に使用して放置時間を長めにとること。

ある程度染まるまでは3日間連日使用してその後は週に2回くらい使っています。濡れた髪よりも乾いた髪の方が染まりやすいと感じました。
使用する分量は多めにしましょう。もったいないと思い少量使用するとよく染まらずに回数が増えてしまいます。

ヘッドスパトリートメントを浸透させ放置しておく時間は1時間くらいです。

最初は手間がかかって面倒だと思いますが、慣れてしまえばお風呂やスキンケアと同じような一連のルーティーンになります。

使い捨てのビニール手袋とヘラがあると便利です。

created by Rinker
サンビー工業株式会社
¥503 (2020/09/24 19:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
金石衛材
¥1,980 (2020/09/24 19:25:26時点 Amazon調べ-詳細)

白髪を増やさないためのシャンプー

髪を触る女性の画像
できてしまった白髪はカラートリートメントで染めることにしましたが、できるだけ白髪を増やさない努力も大切です。

食事や生活習慣に気をつかうことはもちろん、シャンプー選びにもこだわりたいものですね。

髪と地肌にやさしい「haru kurokami スカルプ」シャンプーの評判がよいので購入してみました。
haruシャンプー
天然由来100%、頭皮にやさしい洗浄成分と33種類の美容成分を配合。頭皮環境を整えることでハリ、コシのある黒髪を育てるというオールインワンシャンプーです。

ほぼ毎日使用することを考えるとヘアケアのもっとも重要なポイントはシャンプー選びかなと思います。自分に合う上質なシャンプーを見つけて使い続けていくことで髪も頭皮も変わっていくと思います。

「haru」を使って半月ほどですが、自然な洗い上がりがとても心地よく気に入っています。初回購入特典のシャンプーブラシが頭皮をやさしく刺激して使い心地がいいのです。

リンス不要とのことですが、私はシャンプー後に洗い流さないトリートメントをつけてドライヤーを当てています。

ドライヤーも髪を傷めないように気をつかいましょう。
【商品の詳細】口コミサイトにもランクイン!haru kurokamiスカルプ



低温ドライヤー

白髪を増やさない話題のサプリは本当に効くの?

白髪対策サプリも気になりますよね。食事をきちんと摂ったうえで補助的な役割として考えるべきですが、食べ物からすべての栄養をバランスよく摂ることは難しいです。

私は子宮筋腫があり、貧血傾向のため鉄分を病院で処方してもらっています。飲み始めて2ヵ月ほどたちますが、貧血症状の改善とともに白髪の増え方も緩やかになった気がするのです。因果関係は定かではありませんが、やはり栄養バランスが身体全体の健康、そして白髪にも影響しているのかなと感じています。

今、検討しているサプリは以下のものです。すぐに効果があらわれるものではありませんが、試していくうちにご報告できるかもしれません。

➡今話題の『黒フサ習慣』はコチラから

➡Black Nature(ブラックナチュレ)】

style=”border:none;” />

少しの手間とお金をかけて黒髪をキープしよう!

白髪のないきれいな髪を維持するには手間とお金がかかります。

工夫することでできるだけ少ない労力とコストで乗り切れるものなので続けていきたいと思います。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。
risuko






見た目をキレイに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です